基本の体調管理を忘れずに、夏のゴルフの暑さ対策

基本の体調管理を忘れずに、夏のゴルフの暑さ対策

近年の日本は異常気象と猛暑に見舞われるようになり、夏は毎年最高気温が40度を超える日や、最低気温が30度を下回らない日もでるなど、大変な暑さとなっています。夏に限らず、5月や10月にも30度を超える日があるなど、熱中症の心配も多くあります。このような真夏の太陽が照り付ける、夏のゴルフでは、熱中症や脱水症状を起こさないように、体調管理や暑さ対策が重要になってきます。またプレーする時にも、暑い日用のプレーの方法やコツを知っておくことで、スコアにも大きな違いがでてくるでしょう。
暑さ対策としては、夏用のウェア、帽子、水で濡らしたタオル、瞬間冷却材や氷嚢などの冷感グッズ、冷たい飲み物、サプリメント、夏用の機能性下着、アームカバー、サングラスや日傘、日焼け止めなどの準備が必要になるでしょう。準備にこのような手間をかけることで、プレーの最中の快適さや、プレーが終わった後の疲労感などに大きな差が出てくるでしょう。
ゴルフをするうえで、一番に考えるべきアイテムがウェアです。暑さ対策をする場合、白や淡い色、有彩色の場合には黄色がよく光を反射するので、このような色の服装を心掛けるとよいでしょう。これに加え、通気性や吸水性、速乾性、放熱性などに注目しましょう。近年では、汗をかいてもべたつかずにさらっとした肌触りを保てるものなど、速乾性や放熱性に優れたものが、手頃な値段で購入できるようになってきました。このようなものを着用することが、暑さ対策には最適といえます。
そして身につけるもの以外にも、本当に暑い日には、汗が出すぎないように工夫することも大切です。水に浸して首などに巻きつけると、放熱して冷感を感じさせてくれるベルトやタオルなども便利に使えるでしょう。このようなものがない時にも、タオルを濡らして絞り、首や頭、顔などをこまめに拭くことも、暑さ対策となります。ゴルファー用の日焼け止めなども販売されているので、このようなものをうまく利用するとよいでしょう。