ゴルフ 飛距離 トレーニング

ゴルフで飛距離が落ちた時にやっておきたいイメージトレーニング

ゴルフに限らず、スポーツにおいてイメージするというのは非常に重要です。特に敵がいる場合は相手の出方によってこちらの行動を変える必要があるので、なおさらイメージによるシミュレーションは大事になってくるでしょう。ゴルフに相手はいないと思いがちですが、同伴者と一緒にコースを回る時は、相手がいることでプレッシャーになってくることがあります。

 

プレッシャーを感じてしまうとドライバーで飛距離が出なかったり、アプローチでボールが曲がりやすくなります。このような時にイメージを活用すれば、あまり緊張しないでプレーすることができるようになります。

 

多くの人はイメージトレーニングと聞くとバカにしてしまいますが、脳科学的に見ても効果が高いことがわかっています。脳はイメージと現実を区別できないため、イメージの中でゴルフの練習をしたとしても、脳は実際に練習したと見なすのです。

 

こういった理由から、イメージをしておくと本番で想定内のことが増えていくことになります。メンタルがやられやすいバンカーに入った時やOBになったような時でも、あらかじめイメージで訓練しておけば経験済みの出来事になるので安心してプレーができるようになるのです。

 

今までは飛距離が出ていたのに最近は飛距離が出なくなったという方は、たいてい気負い過ぎによる力みが原因になっています。ショットの際に見ている観衆のことを考えて緊張したり、実力以上に飛ばそうと考えて焦ってしまっているのです。

 

このようなことを避けるには、イメージ内で観衆が自分に向かって野次を飛ばしているのに堂々とプレーしている自分を想像したり、アドレスからフィニッシュまで正しいフォームでスイングできている自分をイメージすると良いでしょう。

 

どんな状況でも対応できるように、深いラフからボールを打ち出すシーンやバンカーからのショットなど、打ちっぱなし練習場では体験できないような厳しいシーンを乗り越えている自分をイメージすることです。

 

よく成功イメージだけすればいいと言う人がいますが、実際のゴルフは成功ばかりではありません。いつもフェアウェイからショットを打てるとは限らないのです。目の前に大木がる状態でアプローチしなければならなかったり、ボールを打つ場所が急な傾斜になっている場合もあります。

 

常に最悪の状況を想像して、そこから挽回するシーンをイメージしておくことが大切なのです。天候に関していえば、暴風雨が吹いている中をティーショットをしたり、雷が鳴っている中をパターしている自分をイメージすると良いでしょう。最悪の状況をクリアしている自分さえイメージできれば、あとの状況は簡単に思えてくるのです。

 

このようにイメージトレーニングをする時のポイントですが、言語化しないことが大事です。言語に直すのは人に伝える時に必要なことであって、自分がゴルフをするときには言語は必要ありません。あまりに言語で考えすぎるとイメージが途中で止まる可能性が高いので注意しましょう。

 

参考⇒ゴルフ ドライバー ランキング