ゴルフクラブ 飛距離

ゴルフで飛距離が落ちてきたらクラブ選びでそれを補おう

ゴルフは若者から年配の人まで等しく楽しむことが出来るスポーツで、体力の落ちてくる50代以降でも十分プレイ可能な競技だと言えます。しかし長い間ゴルフを続けていると気になってくるのが昔よりも飛距離が出なくなったということで、これは誰にも等しく起こり得る悩みともいえます。

 

ある程度の飛距離に関しては筋力トレーニングや正しいスイングを行いボールを打つことにより維持は可能となりますが、若い頃のような飛距離を取り戻すことはまず不可能といっていいでしょう。これは筋トレなどをしても筋力の維持は出来てもパワーが若い頃よりどうしても落ちるためで、齢を重ねれば重ねるほど飛距離に関しては落ちてしまうことになります。

 

この飛距離が出ないという悩みでゴルフが楽しくないと感じる人も多いようで、これはゴルフを続ける限り永遠に解消できない悩みとなるでしょう。しかし年齢によるパワーの衰えに関しては、筋トレ以外の方法で補うことが可能になってきているのも事実で、特に近年のクラブの性能アップは目を見張るものがあり、飛距離を圧倒的に伸ばしてくれるクラブというものも多数販売されています。

 

例えばダンロップのゼクシオクラブに関しては、ヘッドを重くし手元重心シャフトにすることにより、いつもと同じスイングをするだけでも最短距離の軌道を描けるようになっており、それによるスイングスピードの向上と振り子の原理によるインパクト時のパワーにより飛距離を格段に伸ばすことが出来るようになっています。

 

カタナゴルフのゴルフクラブに関しても高反発のチタンフェースを採用しインパクト時の反発力を強化していますし、ハニカム構造クラウンを採用することでスイング時に全体がたわんで飛距離を伸ばすという独自の技術も採用しています。

 

このように落ちてしまったパワーや筋力に関してはゴルフクラブの力を借りることである程度の補助は可能になりますので、最近どうも飛距離に不満があるという人は今使用しているクラブを新しいものにチェンジしてみることで悩みを一気に解決できることもあるのではないでしょうか。

 

その場合、売れているクラブをすぐに選ぶのではなく、実際にクラブを振ってみてしっくりくるものを選ばないと、いくら最新技術で作られたクラブであっても上手くインパクト出来ない場合や、ヘッドが重過ぎてスイングが乱れるということも考えられますので、自分のスイングや体に合った1本を見つけ出すことも飛距離を回復するためには必要となるでしょう。

 

シニアゴルファーにおすすめしたい飛ぶドライバーランキング