ドライバーランキング

ゴルフを始める前に知っておきたいクラブの基礎知識

飛距離を出すためのクラブ「ウッド」

ゴルフクラブの中でも飛距離を一番に考えて作られているクラブが「ウッド」です。ウッドは大ぶりで重いヘッドと長いシャフトが特徴で、ゴルフボールを遠くに飛ばすためのためのクラブです。第一だとなるティーショットに用いられることが多く、パワーで勝負するタイプのプレーヤーにとっては最大の武器になります。

 

ウッドはドライバーと呼ばれる1番、スプーンと呼ばれる3番、バフィーと呼ばれる4番などが代表的なもので、数字が小さいクラブほど飛距離も長くなります。主にフェアウェイ上で使用する5番や7番などもあります。

 

遠くに飛ばせるのが魅力のウッドですが、長いシャフトと重いヘッドのせいで扱いが難しく、スイートスポットにジャストミートさせるにはそれなりの技術が要求されます。

扱いやすさが魅力の万能選手「アイアン」

ゴルフクラブの中でも最も扱いやすいのが「アイアン」です。アイアンの特徴は板状に作られた薄く平べったいヘッドで、ボールを的確にとらえ狙ったポイントに飛ばすことに向いています。1番から9番までのアイアンは数字が大きくなるほど飛距離が短くなりボールを高く上げやすくなります。

 

主にフェアウェーやラフからのショットに用いられ、カップまでの残りの距離に応じて適したアイアンを使い分けます。アイアンの選択がスコアに直結すると言っても過言ではないほど重要なクラブです。距離の短いショートホールでは1番や3番でティーショットすることもよく見られます。

シチュエーションに特化したクラブ「ウェッジ」

「ウェッジ」はアイアンに分類されるクラブの中でも特定のシチュエーションに特化したクラブです
ピッチングウェッジは打球を高く打ち上げることに特化したクラブで10番アイアンに相当します。高い位置にある打ち上げのグリーンを狙うときや障害物を避けてショットしたいときに用いられます。

 

アプローチウェッジはその名の通りアプローチショットに用いるためのクラブです。飛距離は出ませんがその分コントロール性に優れ、グリーンサイドからできるだけピンそばに寄せるショットを打ちたいときに使います。

 

サンドウェッジはバンカーショットのためのクラブです。ロフト角やフェースデザインなどはバンカーショットを想定して作られており、コースをラウンドするなら必ず用意して置かなければいけないクラブです。

最後の一打を決める「パター」

「パター」はグリーン上でボールを転がしてカップに沈めるためのクラブです。フェースが平面になるように作られており、まっすぐスイングすることでボールに角度を付けず狙った方向に転がすことができます。

 

パターはゴルフクラブの中で最もデザインのバリエーションが豊富なクラブでもあります。ヘッドを特殊な形状にすることでまっすぐに触れるようにしたパターや通常の倍近い長さのシャフトを持つ長尺パター、重さで安定感を出すパターもあれば軽量化で振りやすさを重視しているパターもあります。

 

パターに関しては基本性能よりも個人の好みやフィーリングによる使いやすさに依存する部分が大きく、相性が非常に重要になります。選ぶ際はいろいろなパターを試して自分にとって振りやすいパターを選びましょう。

 

シニアゴルファーにおすすめしたい飛ぶドライバーランキング